ワクチン接種について自然療法派の私の考え方

最終更新: 6日前

こんにちは!

美と健康サロンBe-jinの田中真美子です。


自己紹介はこちら




コロナ、コロナ、コロナ・・・

の世の中



コロナウィルスはほんとに存在するのか

から始まり

ほんとにいろんな情報が氾濫していて

何が真実なのか?

知るのは神のみといったところでしょうか?



ワクチン接種が開始され

ついに

行動の選択を迫られる段階に

なりましたね。



周りを見渡すと

🔖なんの疑いもなく接種する方



🔖不安はあるけど、周りが接種するから

しないわけにはいかないよねという方



🔖迷っている方



🔖絶対しない!

ワクチンなんてもってのほか!



くらいの方に大きく分類されるかなと思います。



打つ派と打たない派で

静かな戦争になっているような気がして

いろいろ考えてしまいます。



私自身は、今のところ接種の予定はないですが

ご相談いただいたりするので

考えをまとめてみようと思います。



【目次】

  1. コロナウィルスの存在について

  2. 自然医療派の体調の整え方

  3. ワクチンについて

  4. 現実は意識が創る

  5. まとめ




1.コロナウィルスの存在について



まず、コロナウィルスの存在についてですが

どう頑張っても

自分の目で確かめることはできませんので

いるかいないかの議論にエネルギーを

使うつもりはありません。



ただ、

そもそもウィルスが存在しないって話もあるよ。

くらいは知っておいてもいいかもしれません。



たくさん情報がありますので

興味のある方は調べてみてくださいね。



でも、いないとなると

当然ワクチンなんていらないわけで

話が進まないので

ここでは、いる前提で話を進めます。




2.自然医療派の体調の整え方



私は、コロナに限らず

いつも体調には細心の注意を払っています。



体調が怪しいと思った時は

なるべく早く

自分の持てるあらゆる手段を使って

悪化を防ぎます。



あくまで、不調は

自然治癒力が治してくれると思っていて



私の体調の整え方は



①自然治癒力により、整える

(十分な睡眠、整った食生活、

チベット体操、健康的なマインドなど

自然治癒力が発揮されるよう

普段から心身を整えておく)



②ボディトークやジェモセラピーなど

自然治癒力を整えてくれるアイテムを使う



③医療に頼る (投薬、手術など)



の順番です。



医療も時に必要ですが、最終手段。

薬は、もう何十年も飲んでいませんし

病院は歯医者さん以外では

記憶のある限り、10年くらい前に

行ったきりかな。



(でも、心筋梗塞など

一刻を争う病気の場合は

自然治癒力が・・とか

言ってる場合じゃなくて(笑)

すぐ救急車で搬送してもらって

病院で治療を受けることを希望します。)




なので、世間がコロナで騒いでいても

私の生活は、いつもと変わらず

自然治癒力が発揮されるように

気をつけて生活しているだけです。



3.ワクチンについて



さて、ワクチンについてですが

こちらもまた、色々な情報が

飛び交っていて、ほんとに混乱します。




前述の通り

私は、もともと、

自然治癒力を大切にしていますので

ワクチンの弊害を知ってからは

インフルエンザワクチンも接種していません。




なので、今回も同様なのですが

もし、コロナが、

①自分に感染する可能性が高く

②命に関わる危険性も高く



かつ、

③ワクチンが安全で有効である

自分で感じることができたら

接種することもあるかもしれません。




私は医師ではなく

専門的な知識を持ち合わせていませんので、

素人のごくごく普通の考え方ですが、

整理します。



3−1.感染リスクについて



まず、

①の感染する可能性について



肌感覚では、コロナは

それほど流行していないと

思っています。



数値の情報は正確なようで

母数を何にするか、どこの部分を

取り出すかによって印象を変える

トリックもあったりします。



どこかの誰かが出した数字より

自分の感覚が合っているかもしれません。



あなたの周りに、コロナに感染した人が

どのくらいいますか?



私の周りはゼロです。



インフルエンザが流行った時は

学級閉鎖になったり、

知り合いや家族がかかったり

少なくとも、周りに何人かの感染者がいます。



でも、コロナはゼロ。

意識して、周りの人にも聞いていますが、

知り合いの知り合いの知り合い

くらいの人でちらほらいたくらい。



先日、初めて

実際に知り合いでコロナに

罹った人がいるという方が

お一人いらっしゃいました。



なので

インフルエンザより感染リスクは低いと

認識しています。



3−2.重症化のリスクについて


次に、②の重症化について



これについても

私の考えですが

コロナは風邪の一種だと思っています。



風邪でも、どんな病気でも

重症化すれば、命の危険はありますね。

コロナも然りです。




ほかの感染症と同様に

気をつける必要があると思います。



3−3.ワクチンの有効性について


そして、③のワクチンの有効性について


風邪に効く薬はないとよく言われますが

どんどんウィルスは変化していきます。



果たして、変化していくウィルスに対して

ワクチンが有効なのでしょうか?



インフルエンザの予防接種したけど

インフルエンザに罹ったと言うのは

よくある話



今回も、すでに、3回の接種が必要だという

話も出ていますよね。



3−4.ワクチンの安全性について


また、安全性についても


今回のワクチンは

これまでにない、遺伝子組み替え型のもので



重大な副反応が出たという話や

何年か後に、何か影響が出るのではとか

ずっと免疫システムに影響を及ぼし続けるという説もあります。



さらには、接種していない周りの人にも

影響があるという話もあります。



逆に、重大な影響はないと言っている人もいます。



これらのことを統合して、一言で言うと

「コロナワクチンは治験が終わってなくて

とにかく、まだよくわかっていない

ということかなと思います。




何しろ、接種が始まって

1年も経ってないわけですから

中長期的にどんな影響が出るか(出ないか)

なんて誰にもわからないわけです。



こちら田中佳先生が、

わかりやすくまとめてくださっていますので

ご覧ください。


ファイザー製薬に疑問を聞いてみた①

ファイザー製薬に疑問を聞いてみた②



なので、接種の是非の判断は

このよくわかっていないものを

リスクを承知で体内に入れるかどうか



また、リスクを追った以上の

メリットが得られるかどうか



と言うところかなと思います。



4.現実は意識が創る

そして、最後に

これが一番大切だと思いますが

「現実は意識が創る」ということ



現実は自分の思っている通りになります。



ワクチンが危険と思っている人には

危険なものでしょうし



効くと心底思っている人には

効くのかもしれません。




5.まとめ


国が推進してるから

周りの人がみんな打つから

断れないから

○○先生が打つなと言ったから

ではなく、



どんな情報も鵜呑みにするのではなく

いろんな方の意見を自分で咀嚼して


ほんとに必要なのかどうか

ご自身の感覚も信じて、

最善の選択をしていただけたらと思います。


自分の体を守れるのは、自分しかいませんから!



・・・・・・・・・・・・・・・

美と健康サロン Be-jin(びーじん) ◆営業時間 月〜土 10:00〜17:00 ◆住所   豊田市永覚新町 ◆サロン情報はこちらから  https://www.be-jin.net

・・・・・・・・・・・・・・・

#ボディートーク #ジェモセラピー

#チベット体操 #豊田市 #心の不調

#自己肯定感














266回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示