top of page

消化を制するものは若さを制する〜若さを保つ食生活〜

更新日:1月8日

こんにちは!

美と健康サロンBe-jinの田中真美子です。

自己紹介はこちら

サロン情報はこちら


人体にとって「消化」は、 最優先かつ最大のエネルギーを使う作業


そして、消化の任務がなくなった時 (つまり空腹になった時) 体は初めて細胞の修復作業を行うことができます。


ということは いかに消化にエネルギーを注がないようにするか

それが美と健康のカギなのです。


今日は、消化から見た

アンチエイジングの方法について

まとめてみたいと思います。


目次

1.空腹の時間を長くする

2.酵素について

3.酵素を無駄使いしない

4. 添加物や農薬を無害化してくれる魔法の石

5. 酵素を補給する

6. 消化を助けてくれるジェモ3選

まとめ



1.空腹の時間を長くする

前述の通り、人体は、

食べ物が体内に入ってくると

何はさておき、消化しようとします。


体調の悪い時に、食欲がなくなるのは

体は治癒にエネルギーを注ぎたいので

食べ物を入れないでという、体のサインです。


つまり、空腹の時間がないと

体は、細胞の修復作業ができなくて

どんどん劣化(老化)してしまうのです。


しかし、意外と、お腹が空いていないのに

食べてしまうこと多いのではないでしょうか?


朝ごはんは食べないとだめ

1日3食食べないとだめ

という、思い込みや


お腹空いてないけど、

家族に合わせて。

美味しそうだから。

と食べてしまう。


そんな習慣を見直し

「お腹が空いたら食べる」に

チェンジしましょう。


どのくらいで消化が終わるかは

食べる量、食べる物、

体の大きさや、活動量

これまでの食生活などによって

人それぞれです。


何時間は食べないとか

1日何食とか

ルールを決めるより


総じて、現代人は食べ過ぎ傾向にあることを

念頭に置きつつ

自分のお腹の空き具合によって

食べるのがいいと思います。


自分の体の状態を確認するのも大切ですね。



2.酵素について

消化に大きく関わっている酵素。


酵素ドリンクや、サプリなど

最近よく耳にするようになったと

思いませんか?


実は、酵素は、古い栄養学では

原料であるタンパク質を摂っていれば

無限に製造されると考えられていたので

それほど重要視されていませんでした。


ところが、近年の研究で

一生にうちに作られる酵素の量が

限られていることがわかってきたのです。


そして、高齢になる程、

体が作られる酵素の量が減ってきます。


白髪や、食後の眠気は

酵素不足のサインです。


なるべく体内の酵素を

消費しないような食生活にすることが大切です。

体の中では、

約5,000種類もの酵素が働いている

と言われており、大きく、

消化酵素と代謝酵素に分類できます。


消化酵素は、

食べ物の栄養素を体内で使える形に分解します。

例えば、でんぷんは

唾液に含まれるアミラーゼによって、

ブドウ糖に分解され、

体を動かすエネルギーとして使われます。


一方、代謝酵素は

新陳代謝

有害物の除去

病気など、悪い部分を修復する自然治癒

免疫力を高めるなどの働きがあります。


1日に作られる酵素の量は決まっているので

消化酵素をたくさん消費すると

代謝に回される酵素が不足してしまうのです。



3.酵素を無駄使いしない


酵素を使う優先順位は

①消化、吸収

②代謝

③細胞の回復で


食品添加物、農薬、薬、カフェインなどの

加工物を摂取すると

大量に酵素を消費します。


また、お肉や油などの消化にも

大量の酵素が必要です。

※「重い」と思う食べ物は消化が大変で

酵素がたくさん必要と考えてもらうとわかりやすいです。



<具体的に気をつけると良いこと>

・よく噛む

何より簡単で、とても効果があること

唾液は強力な酵素です。

食べ物はよーく噛んで食べましょう!


・ハムなどのお肉の加工品

ちくわなどの練製品

などの加工物を控える

これらは、タンパク質+炭水化物なので

消化が悪いのに加え

大量の食品添加物が使われているので

最大級に消化しにくい食べ物です。


・揚げ物、レトルト食品を控える

特に、時間の経った揚げ物は酸化している

ので要注意です。


・お肉を食べるなら塊より、ミンチ

みんなの大好きな唐揚げは

残念ながら消化の面からいくと、

一番良くないです・・・


・冷たいものを食べすぎない

胃は食べ物を温め37°になってから

腸に送り出します。

なので、冷たいものを食べると

温めるのにもエネルギーを要しますので

冷たいものの食べ過ぎは注意が必要です。


4.添加物や農薬を無害化してくれる魔法の石

現代社会において

添加物や農薬を完全に除去するのは

至難の技です。


外食だってしたいし

たまにはお惣菜で済ませたい。


そんな時、魔法の石グッズがあれば

添加物を気にすることなく

安心してご飯が食べられます。


例えば、買ってきた揚げ物を

魔法の石なべで温め直すと

酸化した油を還元してくれます。


これは、魔法の石の還元力が強力だから。


農薬や添加物も化合物であるため

有害なのですが

それを分解することで、

無害化してくれます。


魔法の石について詳しくはこちら



5.酵素を補給する

酵素は食べ物で補給することができます。


酵素の多い食べ物は

生野菜、フルーツ、生魚

発酵食品など


たんぱく質を分解するプロテアーゼが

多い食品は、

玉ねぎ、納豆、りんご、イチジク、

キウイ、パパイヤ、パイナップルなど


脂肪を分解するリパーゼが多い食品は、

みそ、納豆、漬物、チーズ、

アボカド、ホウレンソウ、大根、トマトなど


焼き魚+大根おろし

ハンバーグ+パイナップル

などは、理にかなった

食べ合わせですね。


酵素ドリンクや、サプリなども

有効ですが製造過程で

酵素が壊れてしまうこともあります。


また、サプリメントは

添加物が含まれていることもあるので

購入の際は、よく調べられることを

おすすめします。


6.消化を助けてくれるジェモ3選

ジェモエッセンスには、

消化を助けてくれるものが

いくつかあります。

代表的なものをご紹介します。


①ダイジェストリス



天然の胃薬

太◯胃酸、キャベ○ンのような

効果をイメージしてもらえると

わかりやすいです。


ローズマリー、アーティチョーク

タンポポ、リンドウ、ミント

アンゼリカのフィトがブレンドされて

消化力をアップしてくれます。


食べ過ぎた時に摂取すると

胃がスッキリし、翌日の胃が軽いです。


②イチヂク



イチヂクも、胃を活性化してくれます。

食べ物だけでなく、

過去のトラウマの消化を助けたり

スピリチュアリティの開花などの効果もあり

人気のジェモの一つです。


③ローズマリー


ローズマリーは、

肝臓と腸のデトックスをしてくれます。

肝臓も消化において、

重要な役割をしていますが

私たちの生活は、食品添加物や薬

化学物質など、解毒が必要なものが多く

肝臓は酷使されています。

肝臓のデトックスは、全てのかたに必要です。