top of page

「今ここ」ってなんなの?

更新日:5月30日

こんにちは!

豊田市のパワースポット

自分開花サロンBe-jinの田中真美子です。



精神世界のことを学んでいると

「今、ここ」ってよく聞くと思います。


言葉の通り

「今」とは時間軸の未来でも過去でもない

「今この瞬間」

「ここ」とは、ほかの場所でない、

「今あなたがいる場所」

ということなのですが

なぜ、そんなに、「今」と「ここ」が

大切なのか、お伝えしたいと思います。


わかりやすくするため

私たちの「頭」と「体」は別物と

イメージしてください。


頭は思考、体は感覚を司ります。


体(感覚)は、

いつも「今ここ」にしかいられないけど


頭(思考)は

すぐどこかに飛んでいきます。



昨日の出来事を思い出して

嫌な気分になったり

10年後のことを心配して

不安になったり


遠く離れた場所で起きている事件の話を聞いて

自分にも同じことが起きたらどうしようと

心配したり


思考はいつも、過去や未来

どこか別の場所に行きたがります。


また、体は五感を使って

いろんなものを感じます。


食べ物の味を感じる

音を聞く

匂いを感じる

何かを見る

何かに触れる

出来事を味わうなんて言葉もありますね。


全て「今ここ」でしかできないこと


ところが、思考が発達しすぎてしまった

私たちは、なんでも

頭で考えようとする。


例えば

「このケーキは有名なパティシエが作ったものだよ」

と言われると

美味しく感じたり


これは、栄養があるから食べなきゃとか

(私、やりがち。笑)


味覚でなく思考で食べてますよね。


こんな感じで、

私たちはいつもいつも思考を使っていて

感じることを忘れている。


思考ばかり使うと何が問題かというと

先ほどの例の通り、

思考は不安とつながりやすく

しかも、その不安を煽ってくる


一人でぐるぐる考えていると

どんどん不安が大きくなって

とんでもない悲劇の妄想になっている

という経験ありますよね。


これが思考の特徴なのです。


一方、体の中心には「愛」があって

体に意識を置いていると

そこには安心と幸せしかないのです。



だから、幸せを感じたいなら

意識を頭でなく体に置くことが

とても大切。


それが「今ここ」にいる

ということなのです。


さらに、現代人は情報過多の上

体を使わないので

エネルギーバランスがとっても悪い


イメージするとこんな感じ

そりゃあ、不安にもなりますよ。

心の病気が増えるわけですよ。

ほんとの自分もわからなくなりますよ。


ニュートラル状態だと

頭に意識が行ってしまうので

意識を体におろすのは至難の業


私も、いつもいつも

頭がいっぱいな人だったので

だいぶ苦労しましたが

ようやく体の感覚を掴んできました。

(まだ、すぐに前の癖が出るのでその都度矯正中)


だから、瞑想できません!

体の感覚わかりません!

という人の気持ちが

よ〜くわかります。


目醒めのセッションでは

私の体験に基づき、

誰でも体感できるようになる

プログラムを構築中


サロンでの月1回のセッションのほか

日常で、モヤモヤする出来事が起きたとき

リアルタイムで私と一緒に向き合っていくという

とても手厚い内容になっています。


他にも、グループで行うワークや

シェア会など、至れり尽くせり!


現在、プログラム構築のためのモニター価格で

破格で受けられます!


次の構想が出てきていますので

この内容、価格での募集は

まもなく終了します。


体の感覚を取り戻し

無条件の幸せを手に入れたい方

お待ちしています。




【前回の記事】


【元公務員の悟りの登山日記シリーズ】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page